STUDENT VOICE
受講生の声

2021.05.31

データを使った課題解決を目指して、営業職から小売業データサイエンス職へ

H.Y(20代)
前職:大手SIer営業職
現職:小売業データアナリスト

Q.転職前の仕事と現在の仕事について教えてください。

A.前職では、営業としてクレジットカード会社に対しシステムやサービス・ツールの提案を行っていました。現職は、関東を中心に100店舗以上のスーパーマーケットを運営する会社で、販売データの分析を行っています。

Q.データサイエンスを学んでみたいと思ったきっかけは何ですか?

A.課題解決に有効だと考えたからです。前職で様々な提案をする中で、知識不足で説明できないことがありました。AIやデータ分析という技術についてきちんと理解し、課題解決ができるようになりたいと思いました。

Q.データサイエンスアカデミーで学び、現在の仕事で役に立っていることはありますか?

A.課題の設定から最終的なアウトプットを出すところまで、分析の流れを学んだことが役に立っています。実際に手を動かして学ぶことで、本やネットを見ているだけではわからない実際の仕事の流れが理解できました。

Q.データサイエンス職への転職活動は大変でしたか?

A.「未経験可」の求人も理系出身者を対象にしていること多く、文系出身のため、非常に苦労しました。現在の会社はスクールに通って学んだ「意欲」を評価してくれ、入社につながりました。

Q.今後チャレンジしたいことや目指すキャリアはありますか?

A.技術をしっかりと身に付けた上で上流工程から携わり、現場で働く人やお客様の解決に貢献できるようになりたいです。

2019.8.20

データを取り扱える栄養士として、社会で幅広く貢献できる人材となる。

2019.8.20

データを取り扱える栄養士として、社会で幅広く貢献できる人材となる。