R TIPSシリーズ③ 音声データを解析する!

R TIPSシリーズ③ 音声データを解析する!

<<前の記事に戻る

 

今回は、あまり馴染のない音声データの解析のためのR TIPSをご紹介します。

 

いくつかのサイトでも紹介がありますが、Rのパッケージで”tuneR”というライブラリがあります。

http://www.r-bloggers.com/intro-to-sound-analysis-with-r/

http://d.hatena.ne.jp/Rion778/20090528/1243511980

https://oku.edu.mie-u.ac.jp/~okumura/stat/sound.html

”tuneR”を使って.wav形式のファイルを読み込むことが出来て、音楽や音声データの周波数を可視化、分析することが可能です。

色々な音声データの周波数を比較することで、音の違いを数値の違いとして確認できます。

 

マーケティングへの応用、活用はまだまだ検討の余地がありますが、例えば色々な音楽コンテンツデータについて

周波数データを元にクラスタリング、マッチングすることで、音の聞こえ方やリズム、抑揚の近い音楽を推奨する・・といった

新たなレコメンデーション展開なども期待できるかも知れません。

 

続きを読む>>