R TIPSシリーズ① ビジュアルのよいTreeを描画する!

R TIPSシリーズ① ビジュアルのよいTreeを描画する!

R TIPSシリーズとして、主にhttp://www.r-bloggers.comというサイトから、業務に使えそうなTIPSをご紹介したいと思います。

第1回は、TreeプロットでのTIPSです。

元URLはこちらです。

http://www.r-bloggers.com/r-data-tree-0-3-apple-tree-on-cran-now-with-tree-plot/

 

通常のRで決定木などTreeを描画すると

acme

よくあるのが、こんな感じのアウトプットです。

 

ここで、data.treeのライブラリを用いて、スタイルをカスタマイズすることで、かなりイケているツリーの描画が可能です。

以下のソースコードをRで実行してみてください。

install.packages(“data.tree”)
library(data.tree)
data(acme)
print(acme, “p”, “cost”, expectedCost = function(node) node$p * node$cost)

plot(acme)

SetEdgeStyle(acme, arrowhead = “vee”, color = “grey35”, penwidth = 2)
SetNodeStyle(acme, style = “filled,rounded”, shape = “box”, fillcolor = “GreenYellow”, fontname = “helvetica”)
SetNodeStyle(acme$IT, fillcolor = “LightBlue”, penwidth = “5px”)
SetNodeStyle(acme$Accounting, inherit = FALSE, fillcolor = “Thistle”, fontcolor = “Firebrick”)
plot(acme)

 

acme3

かなりカスタマイズできていると思います!

 

続きを読む>>