データサイエンティストへの道(その2)

データサイエンティストへの道(その2)

<<前の記事に戻る

 

前回から引き続き、色々なメディアで紹介されている
データサイエンティストについてご紹介したいと思います。

③データサイエンティストへの道 里 洋平氏

Tokyo.Rの主催者としても有名なデータサイエンティスト、里さんですが、
Yahoo!JAPANやDeNAといった最先端のIT会社を経て
現在はDATUM STUDIOという会社のCTOを務められています。

様々な分析業務の中で、今は”データから筋の良い仮説を自動的に抽出する”という
サービス提供を行うことで、データサイエンティストが
本来の重要な業務(深い考察をする/施策の精度を高める)
に専念することが出来るとしています。

④21世紀で最もセクシーな職業!?「データサイエンティスト」の実像 尾崎 隆氏

”銀座で働くデータサイエンティストのブログ”の執筆者でもあり
業界では有名なデータサイエンティストの尾崎さんですが、
脳科学の研究をされた後にサイバーエージェント社に入社されて
現在はリクルートでご活躍されています。

スライドの中でデータサイエンティストになるには
・科学者になれる人が大前提である(文理不問)
・データという客観を優先できる
・マーケッターやコンサル業務を経験する
・DB基盤技術を覚える
・実際のビジネスコミットが出来るようになる
といったことが必要であると説いています。

このように、データサイエンティストになるためには多くの経験や知識も
必要なのですね。

続きを読む>>