データサイエンスに関するTEDトーク③

データサイエンスに関するTEDトーク③

<<前の記事に戻る

今回紹介するトークのスピーカー、Robin Murphyの職業は”Disaster Roboticist”。
災害復興のためのロボットを開発しています。

Data Science, Robots, And Disaster Recovery | Robin Murphy
(https://www.ted.com/talks/robin_murphy_these_robots_come_to_the_rescue_after_a_disaster)

災害からの復興には20年、30年という時間がかかり、経済的損失は数十億ドル以上に
なることもあります。でももし災害発生後の初動を1日早める事ができれば復興全体
にかかる時間は約3年も短くなると言われています。

彼女が考えているのはロボットが得たデータを適切な人にいかに早く届けることが
できるかということ。その仕組みができることで、これまでは救助、インフラ復旧、
建築物の再建が順番に行われてきたのを、災害発生後すぐに並列的に行うことが
出来るようになり、結果として災害からの復興が大幅に早くなるそうです。

最初は救助ロボットを作る話かと思いましたが、最後の方で、ロボットを小さくしたり
耐火性能を高くしたり多くのセンサを搭載できるようにするのが問題ではなく、最大の
問題はデータであり情報処理であると彼女は言っています。