マーケティングを加速するカスタマージャーニー分析

マーケティングを加速するカスタマージャーニー分析

カスタマージャーニーとは、Webやオムニチャネルの台頭により複雑化している顧客の行動を捉えて、
マーケティングの成果を改善するために役立つ本質的な考え方です。

http://liskul.com/customer-journey-1697

カスタマージャーニーを可視化するメリットは以下のサイトにあるように
①顧客視点が理解できる
→売り手側の発想だけで戦略や施策実施を行うだけでは
 顧客に受け入れられない時代であることの裏返し。

②関係者間の認識の共有
→大きな組織ほど役割毎に担当者が存在して相互の利害関係が
 複雑になりがちだが、関与する担当者全員が同じ視点を共有できる。

という事だと考えられます。

http://matome.naver.jp/odai/2142804267242996401

これまでは、顧客の行動は古典的なマーケティングプロセスである
AIDMA等で語られることが多かったと思いますが、
前述の通り、AIDMAやAISASといったモデルでは複雑化した顧客行動を整理することが難しくなっています。
これらはスマホ等の普及による企業と顧客接点の変化という要因もありますが、
ビッグデータにより顧客の複雑な行動がトレースできるようになってきたことも
カスタマージャーニーを普及させつつある要因だと言われています。

https://econsultancy.com/blog/65043-five-new-realities-of-the-buyer-s-journey/

カスタマージャーニーはMA(マーケティングオートメーション)と一緒に語られることも多く、
カスタマージャーニーを具体的に実施するためのツールとして

・日本オラクル社が提供する「Eloqua」
・Salesforce社が提供する「ExactTarget」
・マルケト社が提供する「Marketo」

などがあります。

http://dentsu-ho.com/articles/2338

カスタマージャーニーを用いた具体的な成功事例などは、まだあまり紹介はなされていない
ようで、これからのマーケティング手法/アプローチであると言えます。

ただ、カスタマージャーニーを具体的に作ってみたい!という方のためには
こちらのサイトが具体的で参考になるかと思います。

http://innova-jp.com/customer-journey/
http://ecbible.net/contents-marketing/customer-journey