ネットワーク分析でアウトプットを分かりやすく!美しく!

ネットワーク分析でアウトプットを分かりやすく!美しく!

特にWebの世界ではソーシャルネットワークによる人と人とのつながりや、インターネットショッピングによる併売商品の組み合わせなど、ネットワーク構造になっているデータはたくさんあります。

これらのデータを分かりやすく、美しく視覚化するのがネットワーク分析です。

 

細かいことはさておき、どのような分析事例、活用事例があるかご紹介することで、ネットワーク分析について理解を深めていただけると思います。

 

【活用① 単語同士の関係性を視覚化する】

https://www1.doshisha.ac.jp/~mjin/R/61/61.html

http://antibayesian.hateblo.jp/entry/20110220/1298212806(古い記事ですが)

 

【活用② ユーザー/人物同士の関係性を視覚化する】

http://qiita.com/nezuq/items/75235f2139370cd8166c

http://d.hatena.ne.jp/snatool/20111030/1319931225

 

【活用③ 商品/サービス/コンテンツ間の相関関係を視覚化する】

http://www.data-artist.com/atelier/20141209_2.html

 

このように、ネットワーク分析は色々なデータに対して適用可能な分析です。

視覚化という目的以外にも、

(A)そのネットワーク上でハブ(中心)になっているものは何か?

→クチコミの媒介者(インフルエンサー)としてターゲッティングをしたり、他のアイテムとの併売トリガーとなる重要商品としてピックアップする。

 

(B)どのようなグループ/コミュニティが形成されているのか?

→上記の事例でもあるように、特定の商品群の塊(クラスター)を見出して商品構造の整理を行ったり、特徴的なユーザー同士のグループをコミュニティとして定義する。

 

(C)次にどの商品/アイテムをレコメンドすべきか?

→ある商品を購入したユーザーに対して、その商品のネットワークのつながりが強い他の商品をレコメンドする。

 

・・といった、より戦略や施策に活用することも可能となります。

RやPython、その他無料ツールでもネットワーク分析が手軽に行えますので、是非皆さんもチャレンジしてみてください!