データサイエンティスト 実ビジネス領域最前線

データサイエンティスト 実ビジネス領域最前線

国内のビジネス領域でも、事業活動を活性化するために
様々なデータサイエンティストの方々が活躍されています。

その中でも、リクルート社で活躍されている
データサイエンティストの方々の記事をご紹介します。

リクルートテクノロジーズ キーマンのインタビュー

リクルートテクノロジーズ社は関連事業会社が運営する
100以上のWebサイトのIT・ネットマーケティング基盤を
実装している会社です。

常に色々な課題、テーマの仕事を並行して進めており
求める人材として「技術」と「分析」両方を兼ね備えている
ことが重要であり、またコミュニケーション能力の高さも
重要視されています。

この現場で活躍するためには、
・Rやデータ解析など分析スキル
・マーケティング&ビジネスにおけるプロジェクト管理能力
・hadoopやmahoutなどテクノロジースキル
3つの領域に関する造詣や経験が求められます。

非常にハードルが高いお仕事ですが、
その分、やりがいは高いでしょう。

リクルート住まいカンパニー データサイエンティストの取り組み

同じくリクルートグループで、不動産情報サイト『SUUMO』を
運営する会社です。

リクルートのビジネスは、同社が提供するメディアに
物件情報や中古車情報、飲食店情報などを掲載するクライアントと
そのメディアを通して情報を探索するカスタマーの2者を
媒介することで成り立っています。

ここでのデータサイエンティストの重要な仕事は
ビッグデータを解析することで、1人でも資料請求者や店舗来店者を
増やし、広告掲載しているクライアントの広告効果を高めるための
PDCAを回すことです。

ビッグデータ活用のためには膨大なサイト訪問履歴(アクセスログ)
を解析することが必須であり、
同社ではカスタマーの行動タイプ毎にセグメンテーションを行い、
注力ターゲットを決めたり、提供価値を変えるという
「STP(Segmentation Targeting Positioning)戦略」を取っています。

ここでも、単なるデータ解析スキルだけではなく、
現場課題に答えていくためのコミュニケーション能力や
スピーディーな課題解決能力が重要となってきます。

日本を代表するトップレベルのデータサイエンティストが
どのような仕事をしているのか・・
リアルな現場の一部が垣間見えたのではないでしょうか。