2019年2月5日(火)開催

北海道大学の学生必見!
「データサイエンスを始めよう」弊社学長和田が北海道大学にて講演します。

定員20名 申込〆切:2月1日(金)※

データを統計解析の手法を用いて分析し、新たな知見の発掘や価値の創出、さらには人工知能(AI)の開発ができるまで
発展を遂げたデータサイエンスという分野は、今まさに注目されている分野の1つです。
データサイエンスの技術を使用して世の中に貢献する職業、それがデータサイエンティストです。

本講演では学生の皆さまにデータサイエンスとは何かをわかりやすく教える内容となっております。
就職の道としてデータサイエンティストへのキャリアパスは具体的にどのようなものか、
大学で培った力をどのように伸ばすことができるのかなど知ることができる他
ワークショップでデータサイエンスの実務を体験することもできます。

文理問わず誰しもがデータを活用する時代となった今、将来企業への就職を考えている方、研究機関への配属を志している方
関わらずキャリアの選択肢が広がるチャンスだと思いますのでぜひご参加ください!

講 師:和田陽一郎
(株)データフォーシーズ 執行役員
(株)D4cアカデミー 取締役社長兼データサイエンスアカデミー学長

場 所:北海道大学理学部旧極低温液化センター(W棟) ALPミーティング室

対 象:本学学生、大学院生、教職員

使用言語:日本語

内容

13:30−14:30 ≪講演会≫
データサイエンスのキャリアについて(入門編)
・ビジネスパーソンから見た「大学で培うことができる力」
・ビジネスにおけるデータサイエンスとは
・データサイエンティストのキャリアパス
・「大学で培うことができる力」を伸ばすために ・質疑応答

14:45−16:45 ≪ワークショップ≫
データ解析によるビジネス意思決定
・体験ワークショップ(実践編)
・Excelを用いて店舗データの加工/整理
・実際に個人個人で分析
・グループごとに店舗売上拡大の施策を発表
・今回やった事とデータサイエンスの関係
・質疑応答

講師の講演歴

弊社学長として社員のデータサイエンティスト育成に取り組まれる企業様に向けて、
『データサイエンティストとは~データサイエンティストが企業・ビジネスに貢献できる役割』という趣旨で
講演会を実施しております。

さらにLINE Fukuokaで50名から60名の方が参加した講演会「意思決定のためのデータ分析勉強会」では
『意思決定の流れがすごくわかり易い』『決定木と因果推論の関連とかも聞いてみたい』といったご意見も頂けた他
多数の講演実績がございます。

ポスターのダウンロードはこちら

お申込みはこちら

参加を希望される方は、ALP_seminar@sci.hokudai.ac.jpまで所属とお名前をお知らせください。

定員20名 申込〆切:2月1日(金)※

当日はExcelにてデータ分析体験を行う予定ですので、PCをお持ちください。 PCをお持ちになれない方は事前にご連絡ください。

※申し込み多数の場合には〆切を待たずに申し込み受付を終了させていただく可能性があります。
この場合、参加者の調整はALP 担当者にご⼀任いただけますようお願いいたします。

※ALP ⽣は申請・報告システムにて参加登録してください。 講演会およびワークショップの参加と報告書の提出で選択イベント1ポイントです。