【イベントレポート】
第5回 意思決定のためのデータ分析勉強会 in Fukuoka
弊社学長 和田が登壇しました

イベント内容

先週の9月27日木曜日に、LINE Fukuokaにて開催された 「第5回 意思決定のためのデータ分析勉強会 in Fukuoka」にて
弊社学長和田が登壇致しました。
『意思決定のために、今こそ決定木分析を見直す!』 の題目で、 決定木が他の分析手法と比較してどういった点が優れているのか 昨今注目されている機械学習、ディープラーニングといった最先端の手法より 今一度、決定木分析を伝える意味などを例も交えながら発表致しました。

ツイッターでは『意思決定の流れがすごくわかり易い。』 『決定木と因果推論の関連とかも聞いてみたい』といったご意見も
頂けました!

開催地福岡に本社を置くティーアルーイー様からは、運営されているスーパセンター「トライアル」について、 小売現場において、どのようにデータサイエンスが使われてるのか活用事例が発表されました。
他、ライトニングトークでは、個人の取り組みやご自身で発見されたこと学びがあったことが発表されました。
今回、50名から60名の方が参加。 アカデミーで開催したイベントに参加して下さった方も何名かいらっしゃいました!
福岡大学、福岡女子大学等に通っている学生の方から、ゼミで参加している所もありました。 懇親会では、美味しいピザなどを振る舞って頂き、色々な方と交流をさせて頂きました!